情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT】「おっと、エラーが発生しました。」で使えない原因と対策

ChatGPT (142)

ChatGPT(チャットGPT)を利用しようとしてみたところ、何を質問しても「おっと、エラーが発生しました。」というエラー画面になってしまい、ChatGPTを利用できない状態になってしまう場合があります。

この問題に遭遇し、原因が分からない、対策が分からない、と困ってしまったユーザー向けに、この問題が発生する原因や対策などについて紹介します。

何を質問しても「おっと、エラーが発生しました」エラーになる問題

ChatGPTに登録して使い始めようとしたところ、何を質問してもChatGPTからの回答が正しく表示されずに次のエラー画面しか表示されない問題が発生してしまう場合があります:

おっと、エラーが発生しました。
[再試行する]

「再試行する」をクリックしてもう一度質問をやり直してみても、やはり回答が表示されず、同じエラーが表示されてしまいます。

質問内容を変えても、同じエラーが表示されてしまいます。

※次のエラーメッセージとなる場合もあります:

おっと、エラーが発生しました
[もう一度やり直してください]

原因

このエラーメッセージが表示される原因として非常に多いのが、ブラウザの日本語翻訳機能を使用している場合です。

Chromeの翻訳機能を使って英語のウェブサイトであるChatGPT全体を日本語にしている場合に、翻訳済みの状態で質問を行うとエラーが発生してしまいます。

ブラウザ(Chrome)がページ全体を翻訳する仕組みと、ChatGPTが回答を表示する仕組みとの間の相性が悪く、このような問題が発生してしまう模様です。

翻訳機能が有効な場合に発生してしまうエラーメッセージはもともと「Oops, an error occurred! [Try again]」なのですが、それも翻訳されるため、「おっと、エラーが発生しました」になってしまう、という仕組みです。

対策

そのため、この問題の対策は、ブラウザの翻訳機能を「オフ」にして利用するという方法となります。

ブラウザの日本語翻訳を無効にして、英語のまま利用するようにしてみてください。

しかしここでポイントなのですが、英語のままであっても、表示は英語であるものの、質問自体は日本語で行うことが可能です。

画面を翻訳せずとも、質問を日本語で書き込んで送信すれば、ChatGPTは返信を日本語で返してくれるので、翻訳機能の手助けなく、日本語でのChatGPTとのやり取りを行うことが可能です。

以前は異なるエラーメッセージ

なお、同様の問題はChatGPTのリリース直後から発生しており、以前は「おっと」という部分が翻訳に含まれない、「エラーが発生しました」というエラー表示でした。

どうやらその後翻訳結果が変化し、「おっと、」が付け加わる形となったようです。

今後もこうした翻訳結果の変化はありえることなので、何度試しても同じようなエラー画面が表示されてしまう、特にそのエラーが日本語である、という場合は、翻訳機能を使っていることが原因となっていないかを確認するようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿