情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT】「Too many signups from the same IP」エラーで登録できない場合の原因と対策について

ChatGPT (149)

ChatGPT(チャットGPT)に登録しようとした際に、「Too many signups from the same IP」という赤色のエラーが表示されてしまい、登録を進めることができない状態になってしまう場合があります。

この英語のエラーの意味や原因、対策について紹介します。

Too many signups from the same IPエラーで登録できない

ChatGPT(チャットGPT)のアカウントの新規登録を行おうとした際に、次のエラーメッセージが表示されてしまいログインできない状態になってしまう場合があります。

Too many signups from the same IP

英語エラーの日本語での意味

この英語のエラーメッセージは、簡単に日本語に訳すと、次のような意味となります:

同じIPアドレスからの登録(サインアップ)が多すぎます。

IPアドレスとは

ここで言われているIP(IPアドレス)とは、インターネット上で通信を行う際の「宛先」として利用される識別子で、IPアドレスはインターネット上の「住所」とよく言われます。

IPアドレスは「宛先」と同時に「通信元」としても利用され、今回のエラーで言えば、「同じ通信元(のIPアドレス)から極端に多くの登録が行われているため遮断しました」のような意味となります。

原因

このエラーが表示される原因としては、何らかの誤検知によるものとも考えられますが、エラーメッセージの内容自体からは、現在利用しているネットワーク(ChatGPTから同一のIPアドレスに見える範囲)から、多くの人がChatGPTへの登録を行ったことが考えられます。

対策について

そのため、この「Too many signups from the same IP」エラーで登録ができない状態になってしまった場合は、別のネットワーク(別のWi-Fiなど)に接続してそこからChatGPTにアクセスして再度登録をやり直してみるか、PCから登録しようとしてエラーが発生してしまっている場合は、iPhone/Androidスマートフォンから(Wi-Fiをオフにして)の登録も試してみてください

このようにしてアクセス元のネットワークを変更することで、エラーが解消される場合があります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿