情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT】「429 You are being rate limited」エラーの原因と対処法について

ChatGPT (142)

ChatGPT(チャットGPT)を利用しようとした際に、「429 You are being rate limited.」と書かれたエラー画面が表示されてしまい、アカウントの作成・ログインなどができない問題が発生してしまう場合があります。

このエラー画面が表示されてしまう典型的な原因や対処方法などについて紹介します。

ChatGPTに429エラーが発生する

ChatGPTへのログインを行おうとした際などに、次のエラー画面が表示されてしまう場合があります。

429
You are being rate limited.

We have detected an increased number of requests and have limited traffic temporarily.

If you think this is an error, please contact the systems administrator.

Your IP Address Request ID
...

何度やり直しても、同じエラーが繰り返し表示されてしまう状態です。

エラーの意味

このエラーの基本的な意味は、アクセスが多すぎますのような意味です。

より詳しく言えば、一定時間の間のアクセス数が多すぎた(急増した)ことで、一時的に制限を行っている、という状態を表しています。

エラーの典型的な発生原因

このエラーがChatGPT利用者の間で発生する典型的なケースとしては、多数の人が同じ部屋等に集まって、同じWi-Fiに接続するなどした上で、一斉にChatGPTの登録を行おうとした場合等です。

同じネットワーク(IPアドレス)から一斉にアカウント作成のアクセスが送信されてしまった場合等に、この制限が実施されてしまう場合があります。

対策について

このエラーが発生してログインができない状態になってしまった場合は、この制限が解除されるまでしばらく待つようにしてみてください。

その他、別のインターネット回線に接続して(場所を変えて)改めてログインを試してみる、といった対応を検討してみてください(外出先でエラーになる場合は、自宅から試してみる等)。

PCやスマートフォン等からWi-Fiに接続してこのエラーが発生してしまっている場合には、スマートフォン版アプリから、Wi-Fiに接続せずに5Gや4Gなどのモバイル回線に切り替えて、ログインできるかどうかを確認することも検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿