情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter→X】「このアプリは旧バージョンのため利用できません」強制アプデ表示と対処方法について(2024年1月3日急増中)

Twitter (582) Twitter-iPhone (59)

本日2024年1月3日現在、iPhone版Twitterアプリ(Xアプリ)を開いた際に「このアプリは旧バージョンのため利用できません。 Xを引き続き、またできる限り快適にご利用いただくためにアプリを更新してください。 [今すぐ更新する]」と表示されるユーザーが急増しています。

突然表示されるようになったこの表示について、「強制アップデート(強制アプデ)が来た」「強制アプデを回避したい」「青い鳥とさようならした」「青い鳥のまま使いたい」などの声が増加しています。

この表示の意味や、アップデート時の表示等について紹介します。

「このアプリは旧バージョンのため利用できません」表示

本日2024年1月3日現在、iPhone版Twitterアプリの旧バージョン利用者の一部に対して、次のメッセージが表示されるケースが急増しています:

このアプリは旧バージョンのため利用できません
Xを引き続き、またできる限り快適にご利用いただくためにアプリを更新してください。

[今すぐ更新する]

この表示の意味

この表示は、一定以上古いバージョンのXアプリ(Twitterアプリ)を利用しているユーザーに対して、アプリを更新(アップデート)するように促している表示です。

特に「Xを引き続き~ご利用いただくために」となっており、「利用し続けたければアップデートが必要」「アップデートしなければ利用できない」のような内容となっています。

「今すぐ更新する」ボタンしかなく、何もせずに閉じるための「後でアップデートする」のようなボタンも用意されていません。

「強制アプデ」と呼ばれる

そのため、このメッセージが表示されたことに関して、「強制アップデート」「強制アプデ」などと呼ばれるケースが増えています。

「Xにしたくない・Twitterの鳥アイコンのまま使いたい」の声

この強制アップデート表示について、あえてアップデートせずに旧バージョンを利用し続けていたユーザーの間からは、「Xにしたくない」「Twitter(青い鳥)のまま使いたい」などの声があります。

厳密に言えば強制ではない(再起動で表示されずに利用可能)

しかし今のところ、アプリを再起動する(開き直す)と、再起動後にはメッセージが表示されずにアプリを開き、利用することができ、厳密には強制には至っていない模様です。

なお、こちらもあくまで「今のところ」、ですが、旧バージョンを利用する全ユーザーに表示されている訳ではなく、一部のユーザーのみ表示されている状態です。

強制アップデートが表示された背景

今回、このタイミングで強制アップデートメッセージが表示された背景としては、先週金曜日頃から発生しているアプリ利用上の問題の影響が考えられます。

その問題とは、「ツイートを読み込めません」と表示されてしまい検索できない・ハッシュタグが見れない・トレンドのツイートが見れない引用ツイートが見れない等の問題です。

これら、ユーザーの間で影響が大きくなっている問題が解消されないまま数日が経過した上で(現在も継続中)、今回の強制アップデートメッセージが表示されており、これらの問題を修正する代わりに、「古いバージョンを使用していることがエラーの発生する原因なのでアップデートしてください」と伝えるかのように表示が行われた、ということが考えられます。

以前もこの強制アップデート表示は、大きな不具合が発生した直後のタイミングで表示が行われたケースがあります。

対処方法

このメッセージが表示された場合の基本的な対処方法は、Twitterアプリの、最新版Xアプリへのアップデートを行うこと、となります。

基本的に、「今すぐ更新する」ボタンをタップするなどしてTwitterアプリ(Xアプリ)のApp Storeページを開き、最新版へのアップデートを行う方法で、最新版のXアプリへアップデートすることが可能です。

最新版にアップデートできない場合

しかし、あまりに古いバージョンのTwitterアプリを利用している場合、更新しようとした際に、次のダイアログが表示されてしまう場合があります:

このアプリの旧バージョンをダウンロードしますか?
現在のバージョンではiOS 15.0以降が必要になりますが、互換性のある旧バージョンの中から最も新しいバージョンをダウンロードできます。
[キャンセル] [ダウンロード]

このメッセージは、iPhone本体が最新版にアップデートされていない(古いiOSバージョンのまま利用し続けている)場合に表示されてしまうダイアログです。

こうした場合、基本的な対処方法は、iOSを最新版にアップデートした上でTwitterアプリのアップデートを再度行うこととなります。

また「ダウンロード」をタップすることで、最新版までのアップデートはできないものの、そのiOSバージョンのままでも利用できるできるだけ新しいバージョンのアプリまでは、アップデートすることが可能です。

ブラウザ版を利用する方法

なお、古いバージョンを使わないでXを利用する、という意味では、アプリを使わないようにした上でブラウザ版Xにアクセスして利用するという方法があります。

iOSをソフトウェアアップデートする際にはデータのバックアップ等の事前準備を行うことが推奨されるため、そうしたアップデートを今すぐできない、といった場合には、こうした方法も利用可能です。

過去の強制アップデート表示の例

コメント(0)

新しいコメントを投稿