情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「dTVはdocomo以外、au・SoftBankでも登録できる?」について

SoftBank (103) au (98) dTV (17) docomo (193)

Kis-My-Ft2が動画配信サービス「dTV(ディー・ティーヴィー)」にて、新番組「キスマイどきどきーん!」を開始することが発表されました。

dTVはdocomoが行っている、基本月額500円の動画配信サービスで、初回の31日間無料です。

これについて、「自分はdocomoじゃなくてau・SoftBank・Y!モバイル・格安SIMだけど再生できる?契約できる?」などの疑問を持つユーザーも多いようなので、この疑問について答えます。

dTVの視聴にはdアカウント(旧docomo ID)が必要

dTVを視聴するには、今までは「docomo ID」と呼ばれていた、「dアカウント」と呼ばれるアカウント登録が必要です(登録無料)。

この「dアカウント」は、確かにdocomo用のアカウントですが、次の通り、ドコモ以外の利用者でも作成できるアカウントです:

dアカウントとは、ドコモ以外の方でも
ネットショッピングやデジタルコンテンツなどの色々なサービスをご利用いただける無料の共通IDです


引用元

dTVはdocomo回線を契約していなくても使える動画配信サービス

また実際、dTV自体の説明でも、ドコモユーザー以外でも(ドコモの回線を契約していなくても)使えることがはっきりと書かれています)

ドコモケータイ回線をお持ちでない方もOK!

そのため、duやSoftBankの利用者であったり、Y!モバイルやLINEモバイルなどの格安SIM利用者であっても、契約することが可能です

契約方法・登録方法は?

docomoのサービスと聞くと、docomoでの手続きが必要、docomoへの申し込みが必要、のように感じてしまうかもしれませんが、NetflixやAmazonプライムのような、普通の動画配信サービスと同じように、アプリをインストールすれば、そこから登録することができます

対応機種は?docomoのスマートフォンじゃなくても大丈夫?

対応機種については、dTVの次のページを参考にしてください。スマートテレビやパソコンからでも視聴することができます。

Android・iPhoneについては、「Android 4.4以上」「iPhone/iPad iOS 9.0以上(iPod touch非対応)」とされています。初月無料で試すことができるので、その際に正しく視聴できるかを試してみてください。

au・SoftBankの場合の支払い方法は?

docomoユーザーであれば、携帯料金と一緒に支払うことができますが、au・SoftBankユーザーの場合は、クレジットカード(またはデビットカード)が必要です

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
※ご利用いただけるクレジットカードは国内で発行されたものに限ります

引用元

また、iTunesカードやGoogle Playギフトカードなどによる、App Store/Google Playストア支払いにも対応していないため、注意が必要です。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿