情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

d払いアプリの「認証に失敗いたしました」「FES1003」エラーの対策

docomo (205) d払い (2) iPhone (1403)

消費税増税後のポイント還元に向けて、「d払い」の新規登録(新規ログイン)を行いました。しかしその際、「ただいまご利用になれません。恐れ入りますが、しばらくしてからご利用ください。 FES1003」エラーが表示されてしまったり、「認証に失敗いたしました。再度ログインしてください。spモード契約者の方は、Wi-FiをOFFにしていただき、モバイルネットワーク(spモード)に接続してからログインしてください」エラーが表示され、dアカウントへのログイン自体には成功しているものの、「ご利用設定>メール設定」画面より先に進めなくなってしまいました。

この問題の詳細と、対策手順について紹介します。

dアカウントログイン

d払い」アプリの利用を行うために、d払いアプリをインストールし、dアカウントでのログインを行いました。

利用した端末は、docomo回線を利用しているiPhone 11 Pro Maxで、dアカウントもごく普通にそのdocomo回線の電話番号用のdアカウントです。

「ただいまご利用になれません(FES1003)」エラー

dアカウントでのログイン(2段階認証)を行うと、「ご利用設定」画面が表示され、「職業」および「利用目的」の選択画面が表示されました。

そして次のページでは、「メール設定」が表示され、「お得な情報をメールで受け取る」の設定を行うことができました。

しかしこのメール設定画面で「次へ」をタップしたところ、次のエラーが表示されてしまいました:

ただいまご利用になれません。恐れ入りますが、しばらくしてからご利用ください。

FES1003

[OK]

「認証に失敗いたしました」エラー

そしてそのエラーを閉じると、そのまま同じ画面のまま、次のエラーが表示されました:

認証に失敗いたしました。再度ログインしてください。
spモード契約者の方は、Wi-FiをOFFにしていただき、モバイルネットワーク(spモード)に接続してからログインしてください。

[OK]

こちらを閉じると、dアカウントへのログインが済んでいない状態でd払いアプリのホームが開き、「バーコードでお支払いただくにはログインが必要です」が表示されてしまったので、「ログインへ」をタップしました。

するともう一度dアカウントでのログインのやり直しとなったのですが、また同じ画面でエラーが表示されました。

ただし今回は「認証に失敗いたしました」エラーのみが表示されました。

行ったエラー対策

最初の「ただいまご利用になれません」エラーが印象的で、そちらに対策が引っ張られそうにもなったのですが、後者の対策である「Wi-FiをOFFにする」を実行しました(docomo回線を利用しているdocomoアカウントであるため)。

iPhone本体の設定から「Wi-Fi」を「オフ」に変更した上で「ログインへ」をタップして改めてログイン画面に遷移してみました。

すると今度は同じdアカウントログイン画面ですが、「spモードパスワードログイン」もしくは「ネットワーク暗証番号ログイン」という、回線情報を利用したログイン画面が表示され、「先ほどとは違う」ことがよく分かりました。

そのまま今回は「ネットワーク暗証番号」を入力し、ログインを行いました

ログイン後は変わらず「職業」「利用目的」「メール設定」の3つが表示されましたが、今度は「次へ」をタップして先に進んでもエラーが発生せず、d払いのホーム画面が表示されるとともに、支払い用のバーコードの利用方法の説明が表示され、無事にd払いの利用ができる状態になりました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿