情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Zoomアプリのダウンロード・インストール方法(Windows PC/Mac/iPhone/iPad/Android)

Android (638) Mac (44) Windows (419) Zoom (26) iPhone (1435)

Zoomミーティングに参加するためには、予めZoomアプリをダウンロード・インストールしておく必要があります。

そこで今回は、パソコン(Windows・Mac)やモバイル端末(iPhone・Android)、タブレット端末(iPad)それぞれにZoomアプリをダウンロード・インストールする方法を紹介します。

ひとつポイントなのは、Zoomのダウンロードページには様々な関連アプリのダウンロードボタンが並んでいて、「Windows版」や「Mac版」といった両者を区別する表記も無く、ダウンロードするものがこれで合っているのか分かりにくい、という点です。また、Windowsには「Microsoft Store」、Macにも「App Store」というストアがありますが、そちらを「Zoom」で検索した場合にも、「Zoom Rooms」等の「Zoom ○○」が表示されるものの、利用目的の異なるアプリであったり、Zoomが提供している公式アプリではなかったり等、間違ってしまい点にも注意が必要です。

今後パソコンやITに不慣れであっても、Zoomでの会議や授業などでインストールが必要になるケースが増えるかと思うので、参考にしてください。

※所属している会社で契約して利用している場合、インストール方法や利用方法が指示されている場合もあるかと思います。そういった場合は指示に従い、インストールを行ったり(逆にインストール作業をせずに利用したり)するようにしてください。ここでは、一般的なZoomを使ったことがない人がZoomミーティングに参加する準備としてZoomアプリをダウンロード・インストールする方法を紹介しています。

Zoomのダウンロード(Windows)

WindowsパソコンにZoomをインストールするには、まずZoomのダウンロードセンターページを開いて、「ミーティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」ボタンをクリックします。

特に「Windows」と書かれていないのですが、Windowsパソコンからこのページを開いてこの「ダウンロード」ボタンをクリックすると、Windows用のインストーラーである「ZoomInstaller.exe」をダウンロードすることができます。

ダウンロードができたら、その「ZoomInstaller.exe」をダブルクリックなどで実行します。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?(Zoom Video Communications, Inc.)」が表示されたら、「はい」をクリックします。

しばらく待って「ミーティングに参加」というボタンが表示されたら、Zoomのインストール完了で、Zoomの起動に成功した状態です。

Zoomのダウンロード(Mac)

Mac(Macbook等)の場合も、「App Store」から検索するのではなく、まずZoomのダウンロードセンターページを開きます。

そしてこちらでも「ミーティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」ボタンをクリックします。

見た目はWindowsからアクセスした場合と同じなのですが、Macからダウンロードボタンをクリックすると、Mac用のインストーラーである「Zoom.pkg」がダウンロードされます。

ダウンロードが終わったら、その「Zoom.pkg」をダブルクリックなどで実行します。

すると、「Zoomのインストール」画面が開くので、「続ける」をクリックします。

「インストール先の選択」画面が表示されたら、デフォルトの「このコンピュータのすべてのユーザ用にインストール」を選択したまま、「続ける」をクリックします。

「インストールの種類」画面が表示されたら、「インストール」ボタンをクリックし、インストールを開始します。

「インストールが完了しました」と表示されれば、インストール終了です。

自動的にZoomアプリが起動する際、「zoom.usからダウンロードフォルダ内のファイルにアクセスしようとしています」が表示されたので、「OK」をクリックしました。

すると「ミーティングに参加」ボタンが表示された、Zoomクライアントアプリが起動します。

Zoomのダウンロード(iPhone)

iPhoneの場合は、素直に「App Store」を開いて「Zoom」で検索するか、次のApp Storeを直接開くURLから、「Zoom Cloud Meetings」の「入手」ボタンをタップすればインストールできます。アプリ名が「Zoom」ではなく「Zoom Cloud Meetings」なのがひとつポイントです。

アプリを開くと次の「Start a Meeting」という画面が表示され、インストール完了です。「ミーティングに参加」ボタンをタップするか、招待URLを開くことで、招待されたミーティングへの参加を行うことが可能です。

Zoomのダウンロード(iPad)

iPadの場合も、「App Store」内を「Zoom」で検索するか、次のURLから「Zoom Cloud Meetings」を開き、「入手」ボタンをタップすることで、ダウンロード・インストールすることができます。

Zoomのダウンロード(Android)

Androidスマートフォンの場合は、Playストアを「Zoom」で検索するか、次のリンクから「ZOOM Cloud Meetings」アプリのページを開いて、「インストール」をタップしてインストールします。

インストールが完了し、アプリを開くと、「ミーティングの開始」画面が表示され、ミーティングに参加できる状態となります。

関連:ブラウザ版Zoomの利用方法(Zoomアプリをダウンロードせずに参加する方法)

Windowsが組織により管理されていて、Zoomクライアントをインストールできない、といった場合には、ブラウザ版Zoomを利用してZoomミーティングに参加することも可能です。

関連:Zoomのアップデート方法

コメント(0)

新しいコメントを投稿