情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【LINE】「この写真は破損しているため表示できません」エラーで写真が見れなくなる不具合増加の原因について

Android (689) Twitter (453) Twitter-Android (51)

2021年10月22日頃より、Androidスマートフォンユーザーの間で、カメラで撮影した写真やスクリーンショットなどの画像の一部をLINEから送信しようとした際に「この写真は破損しているため表示できません。」と表示されてしまい、画像が開けなくなった、見れなくなった、といった問題の発生するユーザーが増加しています。

その他にも、アルバムアプリ等でグレーにビックリマークだけが表示されて開けない画像が発生してしまったり、サムネイルが真っ黒く表示されて開けない状態になってしまうなど、表示は異なるものの、一部の画像だけが突然閲覧できなくなってしまった、という問題発生の報告が増えています。

現在多発しているこの「画像の破損」問題の原因となっている現象について紹介します。

「この写真は破損しているため表示できません」エラー

現在発生が増えているのは、保存していたはずの画像をLINEトークで送信用としたものの突然次のエラーになってしまい閲覧不可(選択不可)になってしまう現象です:

この写真は破損しているため表示できません。

真っ黒い画面に白い文字でビックリマークと共にこのエラーメッセージが表示されます。

もともとは保存できていたはずの画像であるにもかかわらず、いつの間にか破損してしまっている、という状態です。

Twitterで不具合が発生

現在突然画像ファイルの破損が多発している、というのには特別な原因があり、その影響を受けているものと思われます。

それは、Twitterアプリで発生した不具合です。

すでに最新版アプリでは修正済みで、修正版へのアップデートが推奨されていますが、その修正アップデートがリリースされる前ののアプリにおいて、画像を添付してツイートすると、その添付した画像が削除されてしまう、という不具合が発生していました。

Twitterの公式Twitterアカウントからも、次のようにこの不具合についての告知が行われています:

ここで「削除されてしまう」となっており、単なる破損ではなく、ファイルのデータ自体が消えてしまっている状況で、その結果「破損」と表示されているものと思われます。

対策

そのため、破損した画像をツイートしなかったかを確認してみてください。破損している画像をツイートに使用していた場合はこの不具合が原因と思われます。

該当すると思われる場合は、Twitterアプリを最新版にアップデートし、今後破損する画像ファイルが増えてしまうことのないように注意してください。

なお、破損してしまったファイルを復旧する方法のような案内はなく、「削除」との説明があるため、何らかのアプリ等によって別の場所に保存・アップロード等されていないかを確認してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿