情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS15.4にアップデートしたのにマスク着用時Face IDが利用できない・マスクをつけたままロック解除できない原因について

iOS (375) iOS 15 (46) iPhone (1603)

「マスクを着用したままFace IDを利用できる」機能が追加されたiOS 15.4 へのアップデートを行ったユーザーの一部で、「アップデートしたのにマスクをつけたままのロック解除ができない」「マスク着用時にFace IDを使用する設定が見当たらない」などと困ってしまう問題が発生している模様です。

この原因に関する情報を紹介します。

iOS 15.4 にアップデートしたのにマスクを付けたままFace IDが使えない

iOS 15.4 へのアップデートを実行したものの、アップデート完了後に試してみてもマスクを付けたままのFace IDが利用できなかったり、設定画面が見つからない、と困ってしまうケースが一部のユーザーの間で発生しています。

通常のアップデート後には再登録手順の案内

通常iOS 15.4にアップデートすると、最初にアップデート直後の初期設定の案内が表示され、そこでマスク対応のためのFace ID再設定(再スキャン)の手順に誘導されます。

そしてその設定が完了していれば、マスク着用中のFace IDロック解除が利用できるようになる、といった流れです。

対応機種に注意

しかしそのようにしてFace IDが利用できるのは、iPhone 12以降の対応機種のみ、となっています。

そのため、アップデート後に「マスクを付けている最中Face IDが利用できるようになっていない」「設定画面が表示されない・見つからない」と困ってしまった場合には、対応機種かどうかを確認してみてください。

また、最初に表示されていた初期設定をあまり読まずに飛ばしてしまったかもしれない、という場合には、設定を行うまで有効にならないため、改めて「設定」アプリからFace IDの設定画面を確認するようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿