情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【メール】「【督促状】滞納した税金がございます。」に注意

迷惑メール (30)

本日2022年8月14日現在、「【督促状】滞納した税金がございます。」という件名で、送信元の表記が「国税庁」のメールが突然届いた、というユーザーが急増しています。

本文には「あなたが納税すべき国税等につきましては、いまだ納められていません。」で始まる文章があり、リンク先のページには「差押最終通知」という画面が表示され、電子マネー(vプリカ発行コード)での支払いが要求されます。

しかしこのメールは、国税庁の名を騙る、偽物のメール(迷惑メール)なので注意してください。

本記事では詳細を紹介します。

国税庁からの督促状メール???

本日2022年8月14日現在届くケースが増えているのは、以下のようなメールです:

件名:【督促状】滞納した税金がございます。

送信元:国税庁

本文:
あなたが納税すべき国税等につきましては、いまだ納められていません。以下のリンクをアクセスし、記載されてる方法で直ちに全額を納税の上、御連絡ください

https://~~

また既に金融機関等で納税された場合も必ずご連絡ください。期限までに納税の確認ができない場合、(国税通則法37条)により財産を差し押さえます。なお、指定期限にかかわらず、緊急を要する場合等には差押えを執行することがあります。

○指定期限 2022年8月14日 まで
 この期限までに納付の確認ができない場合には滞納処分が執行されます

(連絡事項)

納稅確認番号:****3697
滯納金合計:50000円 納付期限: 2022/8/14 最終期限: 2022/8/14 (支払期日の延長不可)

...

リンク先ページは「差押最終通知」という画面となっており、銀行振込は支払い方法の候補になく、クレジットカード払いやコンビニ払いはメンテナンス中とされ、電子マネーでのみ支払いを受け付けている画面が表示されます(※あくまで現時点の一例であり、別の画面別の内容のページが表示されることも考えられます)。

偽メール

しかしこのメールは、表記こそ送信元が「国税庁」とされているものの、実際には国税庁が送信したものではない、偽物のメール(迷惑メール)です。

リンク先の「差押最終通知」は、以前より急増している国税庁を騙る偽SMS(※国税庁はSMSを送信していない)から誘導されているページと同様偽ページとなっています。

対策について

そのため、偽メールに記載されているリンクをタップするなどしてリンク先ページにアクセスしないように注意してください。

また、リンク先ページを開いてしまったとしてもすぐ閉じて、指示通りに支払いを行ったり、個人情報の入力や指示されたアプリのインストール等を行ってしまわないように注意してください。

類似の迷惑メール・迷惑SMSに注意

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿