情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Amazon「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」メールの対処法(再度同じクレジットカードから支払う)の手順メモ

Amazon (92) クレジットカード (44)

Amazon.co.jpで「クレジットカード支払い」を使って商品を購入しようとしたところ支払いに失敗し、「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」メールが届きました。

今回このクレジットカードが使えない原因は分かっていて、すぐ解決できたので、改めて同じクレジットカードを使ってもらうことにしました。

しかしメールでは、設定内容の修正や、別のクレジットカードに変更することを前提に手順が案内されており、「単にもう一度決済して欲しい」という作業ができるのかどうなのかよく分からない文面でした。

そこで今回は、特に支払い情報を変更せずに、再度クレジットカードを切ってもらうまでの手順を紹介します。実際にやってみるとその手順はあっさりしており、問題なく再度クレジットカードを利用して、決済に成功させることができました

「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」メール

Amazon.co.jpでの買い物を終えた後しばらくして、件名が「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」で、「Amazon.co.jp Customer Service」という差出人が設定された、次のメールが届きました:

カードの利用承認が得られませんでした
注文番号:○○○-○○○○○○○-○○○○○○○

○○様

下記注文のお支払いにご指定いただいたカードの利用承認が得られなかったことをお知らせいたします。 お手数ですが、本日より6日以内に、下記ボタンをクリックし、お支払い方法をご変更いただくかカード情報を正しく修正してください。変更後のお支払い方法に問題がない場合は、商品を発送し、その旨をEメールでお知らせいたします。再度問題が発生した場合は、その旨をEメールでお知らせいたします。なお、6日以内に変更または修正いただけなかった場合は、誠に勝手ながら、ご注文をキャンセルさせていただきます。また、ご変更いただいた場合でも、ご注文時にご案内したお届け日から遅延する場合がございます。あらかじめご了承ください。

カードの承認が得られない理由としては、ご入力いただいたカードの名義人、番号、有効期限が誤っている(または全角で入力されている)か、カードが無効になっていることが可能性として挙げられます。

下記ボタンをクリックすると、このご注文のお支払い方法を変更できます。

[お支払い方法を変更]

クレジットカード決済に失敗したので、支払い方法を変更するか、支払い方法自体(クレジットカード自体)は変更せずに、その登録内容を変更するか、という2択を迫られているように見えます。

利用承認が得られなかった原因

今回このメールが届いてしまった原因は、入力間違いや、クレジットカードの期限切れであったり上限超過などではなく、残高不足でした。

というのも今回、LINE Payカード(バーチャル)からの支払を行ったのですが、LINE Payへのチャージが足りておらず、支払いに失敗してしまっていたのです。

カードの復旧

そのため、銀行口座からの手動チャージを行い、十分な残高を確保することで、残高不足エラーを回避すること自体は容易でした(枠を超えていたり、停止させられたのとは違い、電話の手続きなど必要ないので)

あとは、もう一度Amazon側に同じクレジットカードで決済して貰うだけです。

同じクレジットカードで再度決済して貰う手順

その手順は次の通りとなりました。

まずメール本文中に表示されている「支払い方法を変更」ボタンをタップしてしまいます:

するとAmazonアプリが開き、「お支払方法の変更が必要です」と表示されるので、「お支払方法の変更」ボタンをタップします:

次の画面で「お支払方法の選択」という画面が表示されるのですが、ここは特に「変更」が意図された画面ではなく、デフォルトで支払いに失敗したクレジットカードが選ばれており、特にエラーで選択できないと言ったこともないため、そのまま「次に進む」をタップして、支払い方法に選択しました:

支払い方法の選択に成功

するともう「お支払方法が正常に更新されました」と表示され、3タップで作業が終了しました。

支払いに成功

LINE Pay側に決済通知が届き、再度決済があったことおよび、その支払いに成功したことが確認できました

関連:クレジットカードに問題があったときの以前の対処

コメント(0)

新しいコメントを投稿