情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【対策あり】「【アマゾン】プライム会費のお支払い方法に問題があります」メールは本物?開いてしまった・入力してしまったけど大丈夫?について

SMS (73)

現在、「【アマゾン】プライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら」という、Amazonプライム会費の支払いに関する問題があるというショートメール(SMS)が届いた、というユーザーが増えています。

このショートメールについて、「本物なの?」「詐欺なの?」などと疑問に思ったユーザーや、「入力してしまったけれど大丈夫?どうしたらいいの?」などと困っているユーザー向けに、このショートメールの特徴・正体や、入力してしまった場合の対策などについてをまとめて紹介します。

※また、類似の「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります、個人情報を更新してください」というメールも増えています。

ショートメール「【アマゾン】プライム会費のお支払い方法に問題があります」

2021年9月16日時点で届くユーザーが増えているショートメール(SMS、ショートメッセージ)は、次のような文面のメッセージです。

【アマゾン】プライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら:https://...

心当たりがないのに突然届いたり、「もしかして」と思って気になったり、プライム会員になんて一度もなったことがないのに、そもそもAmazonを利用したこともない、等、様々な状況のユーザーに届くのが特徴です。

※現在このショートメールの送信元としては、「+852063」や「+86 3275」「+864721」「+86 4816」「+86 6188」「+86 9845」「+871669」「+879231」「879235」「+889266」「+892510」「+892511」「+896650」「+896662」「+898301」「899000」「+899013」「+899733」「+899800」「+903306」「+90 3351」「01029713」「01081000」「010849277」「010896729」「010879238」「infoadmin」など、通常の電話番号の形式(090や080、070、050、03等で始まる10桁や11懈怠などの番号)とは異なる番号となっているケースが多いようです。

URLにアクセスした場合

このショートメールにはURLが添付されており、そのURLにアクセスすると、Amazonのログインページ「らしき」ページが表示されます(※URLにはarnzoqqpl、sakurara、sasayouki、sasayoyoki、yoshizawa、sakuraii、mayumii、mayumi、saitomiho、yoshimii、sugimoto、kawase、kawaseta、kawaseseita、sakurara、shoubi、amakawa、awsazm-j、koike、sasayokii、mayoumiなど、普段のAmazonとは異なる文字列が含まれるURLとなっていることが特徴です)

一見本物のように見えますが、本物なのか偽物なのか、見分けるのは簡単ではありません。

また、この先の画面には「更新するまでアカウントにアクセスできません」と表示され、請求先住所の更新として、氏名住所生年月日、さらにはクレジットカードの情報の入力が要求されるなどした上で、普段のAmazon.co.jpが開く、という流れとなります。

この手順を進めている途中、ふと「もしかして怪しいのでは?詐欺なのでは?」などと疑問に感じ、「開いてしまったけど大丈夫かな」「住所入力してしまったけど偽物だったらどうしよう」などと不安に感じるユーザーも少なくないようです。

Amazonから送信されたショートメールではない

実はこのショートメールはAmazonから送信されているものではありません

そのため、URLからリンクされているログインページや個人情報、クレジットカード情報の入力ページも偽物で、入力した情報を盗み取ろうとしてしまう悪質なサイトとなっています。

Amazon公式からも偽物であると案内

このSMSについては、Amazon公式のサポート用Twitterアカウントからも、偽物であることの通知が行われています:

対策

したがって、このショートメールが届いたとしても、URLを開いたり、アクセスしたリンク先ページにパスワードや個人情報、クレジットカード情報等を入力してしまうことはしないように注意してください。

無視しても大丈夫?

前述の通り、このメッセージ自体は偽物のショートメールであるため、無視しても問題ありません。

ただし、実は「Amazonからショートメールが来ること何てない」ということはなく、Amazonプライムの更新についての案内などが届く場合があります。

したがって、内容を見て本物か偽物かを見極める必要があるのですが、この見極め方法は簡単ではありません。

メッセージセンターで確認するのがおすすめ

そのため、Amazonの場合おすすめなのは、Amazonのメッセージセンターを開いて、関連するメッセージが届いていないかを確認する方法です。Amazonからの連絡内容が、このメッセージセンターのページにも掲載されます。

また、プライム会費の支払い状況等については、プライム会員の会員資格情報が確認できるページを確認してみてください。

こちらで、会員資格更新日(次回の更新日、有効期限が切れてしまう日)や、支払い方法法の確認・変更などを行うことができるので、そちらで何か対応が必要な項目が表示されていないか(クレジットカードの有効期限切れなど)を確認してみてください。

パスワードを入力してしまった、クレジットカード番号を入力してしまった場合

もしもこのショートメールに騙されて各種情報を入力してしまった場合、Amazonアカウントについては、次のページを参考にしてみてください:

お客様のアカウントに関するセキュリティ上の懸念がある場合は、「コンピューターを保護する」ヘルプページをご覧いただくか、Amazonに連絡してください。

引用元

また、クレジットカード情報については、以前案内した対策を参考にしてみてください:

届かないようにしたい場合は

同じ電話番号から繰り返しこのような詐欺メッセージが届く場合もあります。

そういった問題への対策としては、SMSを着信拒否する(ブロックする)、という方法があります。

その手順については、次の手順解説ページを参考にしてみてください:

関連情報

コメント(0)

新しいコメントを投稿