情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Apex Legends「EAサーバーに接続できません」エラーでロビーに入れない接続障害について

Apex Legends (18) PlayStation 4 (62)

PlayStation 4版の「Apex Legends」にて、何度リトライしても「EAサーバーに接続できません。インターネット接続を確認してもう1度お試しください。詳細はea.com/unable-to-connectをご覧ください」エラーが表示されてしまい、タイトル画面からロビー画面に進むことができず、ログインできない、ゲームを開始できない不具合が発生する場合があります。

この問題について。

2019年2月21日22時現在、Apex Legendsにつながらない問題が発生するユーザーが急増しています。詳細はこちら

Apex Legendsが「EAサーバーに接続できません」エラーになる

Apex Legendsのタイトル画面で「接続中(1/9)」→「接続中(2/9)」→...→「接続中(9/9)」→「マッチメイキングリストを再取得中」→「接続中(1/9)」...という接続中表示が無限にループしつつ、いつまで経ってもログインできずに最終的に次のエラーが表示されてしまう場合があります:

EAサーバーへ接続できません。インターネット接続を確認してもう1度お試しください。詳細はea.com/unable-to-connectをご覧ください

Unable to connect to EA Servers. Please check your Internet connection and try again. See ea.com/unable-to-connect for more information.

このエラーが一度発生すると、何度リトライしても繰り返しこのエラーが表示されてしまい、全くプレイを開始できないような状態へ陥ってしまいます。

多くのユーザーの間で発生中

現在PlayStation 4番ユーザーの間でこの「EAサーバーへ接続できません」エラーが繰り返し発生している状態です。

対策について

このエラーが発生してしまった場合は、何度か繰り返し試しつつ(何度か行うと成功する場合があります)、解消しないようであれば、しばらく待ってからもう一度接続し直すようにしてみてください。

また、コントローラーの「PS」ボタンを押してPlayStation 4本体のメニュー画面に戻ってから、起動中のApex Legendsにカーソルが当たったまま「Options」ボタンを押して「アプリケーションを終了」を行い、Apex Legends自体を再起動してみてください。

他にも、タイトル画面で「R3」ボタンを押して(=Rスティックを押し込んで)データセンター切り替え画面を開いて、現在選択されているデータセンターから別のデータセンターに切り替えることですんなり接続に成功して次の画面に進める場合があります。試してみてください。

私の場合は「東京」から「東京-GCE1」に変更することで無限に続くかと思われていたEAサーバーへ接続できませんエラーが1度も発生せずにすんなりロビー画面に入ることができました。ただしそのデータセンターを選択すべきかはその時々、ユーザー毎、地域毎に異なるものと考えられるため、いくつかを試してみてください。

この変更で「EAサーバーに接続できません」エラーから先に進めても「サーバー開始」表示のままマッチメイキングが成立しない、「サーバーへの接続がタイムアウトしました。詳細はea.com/unable-to-connectをご覧ください」エラーになる、など別の問題が発生してしまう場合があるので、その場合は再度タイトル画面からデータセンターを選択し直してみてください。

関連:データーセンターの選び方・データセンター選択画面のPing/パケットロスの見方について

データセンター切り替え機能については、次の記事を参考にしてみてください。

コメント(1)

  1. bbh
    2019年2月15日(金) 21:26

    eaアカウントは作れたのですが、いざプレイしようとしてもeaアカウントにリンクが出来ません。と出てきて、何度やっても同じです。
    解決方法を教えてください。どうかお願いします。

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About